伊東合宿2018分科会情報

レポートの書式・送付先などはこちらをご覧ください。

 

 

伊東合宿は、最先端の教育課題や日々の授業について学べるのはもちろんですが、各地での社会貢献活動をはじめとする様々な取り組みについても学べます。

それが「分科会」です。

全国の知恵がレポートで持ち寄られるので、参加すれば各地での活動を活性化することができます。

今年度の分科会の内容と担当は以下のようになっています。

 

 参加は自由ですが、このような分科会を開催しているのは伊東合宿のみですので、ぜひご参加いただき、足元での活動に生かしていただければと思います。

(A、B、D、Eコースの方はご参加いただけます。)

 

<第一部>

1 2019RWC・2020オリンピックに向けて

  ◎水川  橋本・根津・郡司・水本

【1】レポートのテーマ 1つ以上選択(メール下部に詳細)

  A ラグビー推進教育

  B オリンピック・パラリンピック教育の授業実践(テキスト活用含む)

  C 子ども観光大使・ラグビー子ども交流大使の実践

  D TOSSランドにアップしたラグビー・オリンピック教育コンテンツ紹介

  E その他

 

【2】レポート形式

  ・100部

  ・B4両面(片面のみ 可)

  ・書式は自由

  ・お名前・都道府県名を明記ください。

 

【3】お問い合わせ

  郡司崇人 gunji.takato@toss2.com

 

 2 子ども観光大使 全国展開に向けて

  ◎手塚  山口・西村・井戸

同じ部屋で、2つの分科会を行います

「2019RWC・2020オリンピック」

「子ども観光大使 全国展開に向けて」

 

2つの分科会でタッグを組んで

ラグビー子ども交流大使を盛り上げます

 

******************************

【1】枚数

 A4一枚 100枚

 

【2】レポート内容例

子ども観光大使で取り組みたい事・実践報告をお書き下さい。

 

<例>

 ①愛知大会に我が県の子ども観光大使を連れていく

  全国大会 子ども観光大使活動報告 当日までのサポート

 ②ラグビー子ども交流大使を育てる

 ③子ども観光大使を県内や地域に広げる取組

 ④公的資金の活用

 ⑤お山子ども観光大使

 

3 TOSS教え方セミナー 2018年各地の展開

  ◎松本一樹  西尾豊・長谷川・奥・岸上

1 【レポート テーマ】(一つ選択 ※二つ書いてもよい)

① 教え方セミナー参加者獲得への具体的戦略十ヶ条

② 参加者から好評を得た「 ザ・鉄板講座」ベスト5

 

2 【分科会進行(予定)】

① 参加者レポート発表(お一人10秒以内)

② 岸上隆文氏 講話(2分)「地方版教え方セミナーの展開」

③ 長谷川博之氏 講話(2分)「県全体に広めていくための具体的戦略など」

④ 奥清二郎氏 講話(2分)「教え方セミナーに求められる講座とは」

⑤ 参加者感想発表

⑥ 事務連絡(研究所教材、後援、2018教え方セミナー担当者MLの開設など)

 

3 【レポート形式】 B4両面(片面のみ 可)

※ お名前・都道府県名を明記ください。

 

4 部数【100部】

 

4 TOSS脳トレ・TOSSキッズスクール

  ◎師尾  稲田・舘野・小野・小嶋

1 分科会の流れ(予定)

 ①レポート発表(TOSS教材・教具の活用・脳トレ実践 ) 7分

 ②教材についての解説 (教材のよさや特徴) 10分

 研究所・騒人社の教材・教具の解説 小嶋先生

 キッズスクールの教材・教具の解説 小野先生

 

 ③TOSS KIDS SCHOOL 教室展開報告 7分

 

 

2 分科会レポートについて

 <テーマ>

 A 教材・教具の使用実践報告(テンプレートあり)

 テンプレートを添付しています。

 B 脳トレ実践報告

 C 教材・教具企画

 

 <レポート形式> 

 A4 100部

 

 <注意>

 B・Cのレポートは、合宿受付番号・名前・アドレスを右上に 記載してください。

 

3 第一部分科会4に関する問い合わせ

 師尾 fwic7567@nifty.com

 稲田 sakinoba514@gmail.com

 

 5 TOSSメディア・プログラミングランドの拡大

  TOSSランドの改訂に向けて

  ◎前田  平山・安田・許

テーマA「プログラミング教育指導案」

 1 枚数:A4一枚 表裏以内 100部

 

 2 内容

 ①教科、学年、教材・単元名を明記してください。

 ②本時に育むプログラミング的思考について明記してください。

 ③発問・指示を明記してください。

 ④その時に使うワークシートなどがあればそれもつけてください。

 

 

テーマB「プログラミング教育年間計画」

 1 枚数:A4一枚 表裏以内 100部

 

 2 内容

 ①教科、学年を明記してください。

 ②どの教科でどのような活動を行うことができるのかを明記してください。

 

 <第二部>

1 親守詩・親学の普及 親守詩全国大会

  ◎近江  手塚・師尾・小松(和)

【A】家庭教育支援条例制定に向けての各地での動き 提案など

【B】

 (1)親守詩教育を通じた手紙文化振興

 (2)普段言えない気持ちを郵便はがきで伝えた親守詩

 上記について、

 「郵便を使って親守詩を行った」

 「郵便で親守詩が伝わって嬉しかった」エピソード

 

【C】大会運営の取り組みについて

【D】大会に向けた作品募集・選定・受賞者決定について

【E】親守詩の実践方法(取り組ませ方)

【F】 親学の普及、広報作戦に向けて

画面プレゼンの希望があれば、あらかじめ事務局までお知らせください。

 

 2 教材のUWセミナー 各地の展開とエビデンス

  ◎戸村  西村・坪井・小林

本分科会では、2018年開催の教材のユースウェアセミナーの企画や、

各地でのTOSS教材の普及、活用についての情報共有を致します。

 

2018年ユースウェアセミナー開催事務局の方は、

必ず本分科会にレポートをご持参下さい。

 

それ以外にも、TOSS教材(正進社、東京教育技術研究所、光村教育図書、騒人社など)の普及、活用についてのレポートを募集いたします。

 

2018年春の教材採択などで活用できる情報をお待ちしております。

レポートの書式などについては以下のとおりです。

 

よろしくお願いいたします。

 

書式:A4 1枚(表のみ、裏表どちらで可)

レポートには、氏名、所属サークル、連絡先メールアドレスを必ず入れて下さい。

 

3 日本郵便と連携した手紙の書き方体験授業

  ◎橋本  佐藤・中濱・黒杭

形式B41枚 表のみ

(紙面が足りない場合は、裏表も可)

部数 100部

 

内容は、下記のとおりです。

① 郵便局と連携した社会貢献活動事例

② 手紙の書き方テキストを広める具体的取り組み・方策案

③ 郵便教育セミナー実施報告・来年度に向けての動き

(今年度同様13会場で開催します)

④ 学校・教室での郵便教育実践

⑤ はがきでコミュニケーション全国発表大会の取り組み

https://www.schoolpost.jp/lesson_elementary/index.html

⑥ その他郵便教育に関わること

 

 4 TOSS学生サークルの広がり

  TOSS保険・公的資金活用の社会貢献活動

  ◎小嶋  堂前・山西・和田秀雄

【1】レポートについて

レポートは、

*****************

(1)TOSS学生

(2)TOSS保険

(3)公的資金活用の社会貢献活動

*****************

の3つに分かれます。

 

必ず(1)と(2)と(3)は、

「別のレポート」でお願いいたします。

 

3つともに、レポートを提出される方は、

3枚のレポートが必要ということです。

 

郵送の際にも、封筒を分けてお送りください。

 

それぞれのレポートの形式が異なります。

よくご確認ください。

 

【2】TOSS保険レポートについて

★TOSS教職員賠償責任保険 レポート

※レポートについて B4 1枚横書き2段組み

(表だけでもよい。裏表なおよい)

左上に、

タイトル【TOSS保険◯◯県(◯◯サークル)取り組みレポート】

&受付番号と名前を四角囲みで大きく書く

(裏ある人は裏にも書く)

連絡先は四角囲みの外に。

 A TOSS保険各県、各サークルの取り組み&TOSS教え方セミナーでのTOSS保険拡散に向けての動き

(TOSS保険案内を入れたチラシなどがあれば載せてください)

B TOSS弁護士団へのQ(具体的に、教師の現状の対応も書く)

AかBを選択してもよい。AB両方あってもよい。

必ずAかBかを大きく明示する。

 

【3】TOSS学生レポートについて

★テーマ

 学生支援の成功事例、失敗事例

★形式 B4サイズ 1枚(表のみ)

※レポート左上に大きく「TOSS学生」と明記してください。

 

★内容

以下から選んで記載ください。

①学生支援でうまくいったこととその分析

②学生支援で失敗したこととその分析

③学生サークルでうまくいったこととその分析

④学生サークルで失敗したこととその分析

発表の形式については、未定です。

発表なしの場合もあります。

 

【4】公的資金レポートについて

公的資金獲得の方法や公的資金の活用方法、

をお寄せください。

 

レポートサイズは、

B4でお願いいたします。

表面だけでも可です。

 

 

【5】郵送について

郵送の際には、封筒の外側から、

「TOSS学生」か「TOSS保険」か「公的資金」が、

判別できるように、

大きく但し書きをお願いします。

 

【6】レポート部数

部数は、「100部」でお願いいたします。

 

5 ニャティティソーランの全国展開

  ◎井戸  溝端達也・溝端久輝子

【1】枚数

 A4一枚(表にみOK!) 100枚

 表裏以内 表のみでも結構です。

 

【2】レポート内容例

ニャテイテイソーラン全国展開を達成するために

取り組みたい事・実践報告をお書き下さい。

 

①各教室での実践、運動会でのにニャテイテイソーラン実践報告

 ニャテイテイソーランに関する市内のイベント、PTAの取り組み

 などがあればそうもご報告ください

 

②夢基金など公的資金を活用した子ども向けのイベントまたは研修会

 

③教え方セミナーまたは、体育セミナーでの講座または実践報告

 

④アニャンゴさんを講師にしたの人権研修会実践報告

 

⑤その他

 

動画が準備できる方は、1分間程度に編集してご準備ください

事前にお知らせいただければ、準備が確かります。

 

講師

向山 洋一(TOSS代表)

谷 和樹

伴 一孝

 ほかTOSS実践家